もう失敗しない!看護師転職サイトランキング/口コミを暴露


看護師転職で失敗をしないためには、看護師求人サイトを利用するのが一番!

pixta_10141510_S.jpg
看護師の2人に1人が転職に失敗していると言うデータがあります。

転職に失敗する人の共通点は「看護師転職サイトを利用していない」事です。

ハローワークやナースバンクなど、看護師の求人紹介はありますが、「求人先を紹介する」だけの存在です(>_<)

求人先を紹介されても、「給料はどうなの?」「人間関係はどうなの?」「離職率はどうなっているの?」「看護内容は?業務内容は?」「休日数や残業時間は?」「やりたい看護が出来るの?スキルアップは可能なの?」など、細かい事は何も分かりません・・・。

転職を希望する看護師にとって「転職先の職場の細かい情報」は最も知りたい事なのですが、逆に病院側からすると「なるべく知られたくない情報」だったりします。

求人票に正確に「残業時間」「休日数」「給料総額や毎年の昇給額」「人間関係や毎年の離職率」「新卒と中途採用を分けての離職率データや離職理由」などを書ける病院はほぼありません。

本当に知りたいデータは公開されない事が多く、病院の情報をほとんど知らないままに転職をする・・・・結果は「転職に失敗」し、「何度も転職を繰り返す」事になります。

病院側は良い姿しか見せたくありません!ブラックな情報は公開したくありません。

でも、それを知らずに転職をしてしまうと失敗の原因となります!

看護師転職サイトでは、病院側の「知られたくない情報」も細かく調べます。

看護師転職サイトでは全てのサービスが無料ですし、病院側には「あなたが病院の細かい情報を知りたがっている」と言う事実は知られる事はありません。

看護師転職サイトで病院の細かい情報を代行で調べて貰い、気に入らなかったら転職しなければ良いだけです。

まずは、看護師転職サイトを利用しなければ「転職に失敗する確率が高くなる」と言う事実を知りましょう!

看護師転職サイトのメリットを教えて!

pixta_6292833_S.jpg

職場の雰囲気、人間関係を事前にリサーチしてくれる。

看護師求人サイトには、転職エージェントと呼ばれる看護師専用の転職コンサルタントがいます。

転職コンサルタントは、その名の通り、看護師の条件にあった職場に入職させることが役目です。

この際、実際に病院にでかけていって、職場の雰囲気、人間関係を事前に調べ看護師に情報提供をします。

こうすることで、転職を繰り返す看護師が激減し、病院と看護師の相互がWIN-WINの関係を築くことができます。

pixta_6815435_S.jpg

転職後のフォローも完璧です。

看護師求人サイトは、看護師を入職させるだけで役割が終わるわけではありません。

むしろ、入職した後の方が重要かもしれません。

入職前に提示していた条件と違っていたり、実際にはない嘘の手当て申請している病院もあります。

そういう場合は、転職エージェントが間に入って再度交渉してくれます。

なかなか自分の職場の上司に言うのは気が引けますから、本当に心強いですね。

pixta_2939204_S.jpg

非公開求人を紹介してもらえます。

看護師求人サイトに登録することで極秘の人気度の高い求人を見ることができます。

もちろん、その特徴や傾向や悪い点なども隠さずに教えてくれます。

非公開求人には、退職者が少ない良質な求人のみ集まっています。

もちろん、一般の求人誌やハローワークでは、絶対に見つけることができない求人です。

紹介手数料など費用は一切かからいなので安心して登録することができます。

もし、看護師転職サービスを使わないで転職すると・・・

pixta_9633287_S.jpg
看護師転職サイトを利用しなかった方は「転職成功率が下がる」のは確実です。

転職成功率とは、希望した職場に転職出来る確率です。

これは、転職に失敗する率とは異なります。

看護師の1年間の離職者は15万人ほどと言われています。

看護師転職サイトを利用する方は年々増えてきていますが、まだまだ利用せずに転職活動を1人でされている方も多くいます。

病院側は「即戦力になるナース」「すぐに辞めたり、無断欠勤などのトラブルがないナース」を雇いたいのが本音です。

でも、看護師の履歴書だけ見ても「どんな能力があって、どんな業務が出来るのか?どんな人柄で、どのように病院に貢献してくれるのか?」は分かりません。

そのため、病院側は「フィルターを掛けて」看護師を見ます!

看護師の1人1人を採点して、下から順番に切って行きます。

どんなに働きたい!と希望しても、病院の採点が低ければ内定は難しいのです・・・。

でも、これは1人で転職活動をする事の最大のデメリットなので仕方がありません。

では、転職成功率を上げるにはどうしたら良いのでしょうか??

それはズバリ「看護師転職サイトを介して転職をすれば良い」だけです。

病院側は1人1人の看護師に点数をつけて、下から順番に蹴っていきます。

でも、看護師転職サイトの紹介と言うだけで「病院側は安心感を持って良い点数」をつけます。

病院側は転職サイトと太いパイプが出来ており、過去にもたくさんの看護師を紹介して貰った経験があるので、「看護師転職サイトからの紹介と言うだけで安心感が増す」のです。

ハローワークやナースバンクで1人で転職活動をしている方より、最初から良い点数がつけられているので転職成功率は確実に上がります!

また、看護師転職サイトでは「転職に成功」するために様々なサポートを行っています。

「人間関係の良い職場」が第一優先の方には、実際に働いている看護師の口コミを調べたり、過去のデータから人間関係の酔い職場のみをピックアップしてくれます。

「給料の良い職場」が第一優先の方には、正確な年収だけでなく、毎年の昇給額や、数年後の見込み年数、退職金やボーナスの額まで細かく調べてくれます。

「スキルアップ出来る職場」が第一優先の方には、実際に認定看護師や専門看護師のサポート体制について調べ、現在どのような業務を行っているのか?資格取得までの職場のサポートの内容はどうなのか?資格取得後に期待出来る事などを調べてくれます。

「残業がない。休日が多い」が第一優先の方には、実際の「平均残業時間」や「年休の消化率」を調べてくれます。

残業時間に関しては「残業届が受理された時間」だけがカウントされている病院が大半のため、平均残業時間は少なく見えます。

でも、残業届を出しても受理されない事が多いため、実際に働いてみたら毎日残業が当たり前のハードな勤務だったと言う事が良くあります。

年休の消化率は公表せずに、公休も合わせた休日数のみを記載している病院も多いです。

年休の消化率が100%の病院はごく少数で、多くの病院では年休は消化出来ずに流れてしまっているのが現実です。

このように、求人票を見ただけでは分からない「病院が最も知られたくない実情」を細かく調べてくれます。

「看護師転職サイトを利用しなければ転職に失敗したり、転職に不利になる」事は間違いありません。

看護師転職の失敗例・・・(>_<)看護師転職サイトを利用しないとどうなるのか?

pixta_14281707_S.jpg

人間関係で悩み、職場になじめずにやめてしまう。

男性の看護師が増えてきたとは言ってもまだまだ女性の職場。

派閥があって雰囲気が悪い職場だったり、陰湿な後輩いじめをするお局的な看護師もいます。

「あの子は、勤務希望しすぎ、旅行行き過ぎ」
「あの人は、わがままで仕事しにくい、あの人の旦那は給料が少ない」
「Aは過去にこんな失敗をして迷惑かけた。今辞めてもらおうか考えているところ」
など、いろんな人のプライベートの内容までの悪口を言います。

自分もどこかで言われているのだろうと心配でなりません。

場合によっては、医者より偉そうにしている勘違いナースもいますからね。


pixta_7633117_S.jpg

求人誌に掲載されている条件と違い、手当てがなかった。

働いて見たら条件と違って手当てがなかったなんてケースもちらほら。

給与に関しても病院意よっては、手当てが込みの金額だったり、ボーナスを12等分して月の給料を水増しする場合も・・・。

休みが多いという触れ込みだったのに実際働いてみたら、有給がまったく消化できない病院もあります。

もっとひどい場合は「残業なし」というのは、残業はあるけど残業は支払わないという意味であることもあります。

ナースを働かせるだけ働かせて儲けることしか考えない病院の経営者もいることを覚えておいて損はないでしょう。

pixta_12884010_S.jpg

ハローワークでは高給与で良い条件の非公開求人がない。

世の中にはハローワークでは絶対に見つけることができない好条件、高給与の求人があります。

条件のよい求人というのは応募が殺到してしまい、採用する側はけっこうな時間をとられます。

そのため、一般には公開しない・・・つまり非公開の求人で応募人数を絞ることで採用側の負担を減らしているのです。

病院側は「スキルを満たした人材」だけを採用したいのであって、どんな看護師でも採用したいわけではありません。

例えば、有名な病院であっても条件がある人材を確保したい場合は、通常の看護師求人の他に非公開求人を持っている場合もあります。

最近では、非公開求人のみしかない病院も増えてきています。

看護師転職に成功するコツは?



看護師転職サイトランキング

ただしブラックな看護師転職サービスには注意!

pixta_10141510_S.jpg
ただし、注意しなくてはならないことが、どんな看護師求人サイトに登録してもいいわけではありません。

中には、登録して数週間経ってやっと連絡がくる求人サイトもあります。

また、病院の給料だけを判断基準として、離職率の高いところを知らないとはいえ、紹介してくる場合もあります。

いくら無料で登録できるとは言ってもサポートがいいかげんだったり、職場のリサーチをしていない看護師求人情報サイトは避けるべきですね。



働き方で選ぶ

施設で選ぶ

条件で選ぶ

看護師の福利厚生

看護師コラム

診療科から選ぶ


公益社団法人日本看護協会 e-ナースセンター ハローワークインターネットサービス